スコアリングの評価が高くても審査通過出来のとは違う!

銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠の申し込みでは信用度の高さが重要です。信用度の判定は、スコアリング判定及び個人信用情報が用いられます。スコアリング判定は評価が高い方が有利であり、個人信用情報は借り入れ状況や金融事故有無が判定に影響します。

ですがスコアリング判定の結果が高いからといっても審査通過の可能性が高いという訳では無く、統計的なデータから貸倒リスクの低さがどうかという確認になります。例えば、スコアリングでは住宅資産があり、家族もいれば評価点は高いものの、住宅ローンがあり家族構成の人数が多ければその分毎月の固定費が高くなってしまいます。

結果として、借り入れ状況や収入、金融事故の有無による影響の方が高くなります。スコアリング判定で高いからといって、高い利用限度額を希望するのは、より審査が厳しくなるため、生活状況や収入に見合った希望がポイントになります。