サラ金?いや主婦でも利用できます。

消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた時代は遠い昔のことです。

「サラリーマン金融」の名で主にサラリーマンに対して貸し付けを行なっていた消費者金融は現代においてもそのイメージが強く残っている人も多く、正社員など社会的信用がない場合には門前払いをくらうのではと感じてしまう方も少なくありません。

しかし現在の消費者金融では決してそのようなことはなく、たとえ正社員についていない方でも問題なく申し込みを行なうことができるのです。

主婦の方でも申し込みを行なうことができますが、これはケースによって変わってきます。

というのも消費者金融では収入がまったくない方には事実上貸し付けが行えないという決まりがあるためです。

「総量規制」と呼ばれ、利用する方の年収の1/3を超える貸し付けは行なうことができないという決まりがあるため、たとえば収入がまったくない専業主婦の方の場合は消費者金融を利用することが難しくなります。

しかし一方で、パートなどで自分で定期的な収入を得ている方の場合は、総量規制の範囲内でキャッシングを利用できる可能性はあります。

つまり正社員などの社会的な信用というよりも、働き方が多様化した現代では個人の収入の有無によって利用できるかどうかが左右されているのです。