総量規制対象外の銀行カードローンを利用する時の注意点

貸金業法が改正されて総量規制が施行されるようになったので貸金業者である消費者金融などは年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来なくなっています。しかし銀行カードローンは銀行法順守のため総量規制対象外になっています。それにより多額の借り入れをしたい人が総量規制対象外の銀行カードローンを利用する事が多いですが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで総量規制対象外の銀行カードローンを利用する時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・審査が厳しいので落ちる可能性もある

銀行カードローンは総量規制対象外になっているので返済能力があるかどうかをしっかり確認します。それで年収だけでなく他社からの借入状況や信用情報履歴などもしっかり確認して厳選に審査をしていきます。落ちる可能性もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

・自社の口座を持っていないと利用する事が出来ない事もある

銀行カードローンは総量規制対象外なので多額の借り入れをする時にすごく便利ですが、自社の口座を持っている事が利用条件になっている銀行もあります。自社の口座を持っていないと口座開設をする必要があるのでお金を借りるまでに時間がかかってしまう事があります。自社の口座を持っていない場合は申し込みをする前に開設しておきましょう。