キャッシングやカードローンの増額について

キャッシングやカードローンを契約時には必ず利用限度額を定められます。利用限度額は、申込者の信用情報や個人情報の元に設定され、最初の契約時には50万円以下がほとんどです。しかし、これ以上増額できないのかと思って利用している人もいると思いますが、増額できる方法は2つほどあります。

まず、キャッシングやカードローンの増額できる方法として「業者側から増額案内がきた場合」です。金融業者は、定期的に増額できる候補者をリストアップしており、候補者にあがると案内が電話や手紙で知らせてくれます。増額を希望すれば、もう一度審査をして通ればか利用限度額が増額できます。

この場合は、業者側から増額しませんかと案内を出しているため、審査に落ちるということはありません。しかし、もうひとつの「利用者が増額を希望した場合」は違います。業者は増額するつもりはなかったので、利用者が増額の希望を出してきたから増額できるか審査してみるという形になってしまうため、審査に落ちる可能性があります。利用者から増額を頼む場合は、基本的に電話ですが、ホームページや来店などで申し込むこともできます。

増額を希望すると「収入証明書」が必要になる場合がありますので、すぐに増額してほしい場合は用意しておく方が良いでしょう。